星野誠 makoto hoshino

みんな可哀想「おいしいご飯がたべられますように」

2022.11.14

芥川賞を受賞した作品「おいしいご飯がたべられますように」Audibleで無料になっていたので聞いた。

ぜんぶ聞いてみて、思ったこと。みんな可哀想。

主要登場人物の二谷さん、芦川さん、押尾さん。みんな可哀想。こんな感じだと生きにくいだろうに。

自分の圧倒的な特技は「ご飯を美味しく食べる」 「ご飯を美味しそうに食べる」ではなく、「ご飯を美味しく食べる」だ。

ジャンクから日本では食べないであろう初めてのものまで、どんなものでも、本当に心から美味しく食べられるので、世界中どこへ行ってもすぐ友達になれる(自分がただ友達になったと思っているだけかもしれない)

今の社会はこんな感じなのかな? 自分はそもそも、だいぶ前に建前の社会から、ドロップアウトして、本音しか言ってないから、わからないけれど。

とにかく、本音と建前使い分けて、まったく問題なく生き続けられる人はまったく問題ないのだろうけれど、建前で生き続けることができないような真面目な人にとっては、とっても可哀想な世界だ。

ーーーー

ーーーー

‘May you have a delicious meal’
I heard the Akutagawa Prize-winning work ‘May you have delicious rice’ on audible.

The main characters, Ms. Futani, Mr. Ashikawa and Mr. Oshio. I feel sorry for everyone. It must be hard to live like this.

My overwhelming skill is ‘eating rice with relish’. 

I can eat any kind of food, from junk to something new to me that I wouldn’t eat in Japan, and really enjoy it with all my heart, so I can make friends easily wherever I go in the world (or maybe I just think I’m making friends).

Is this what society is like now? I don’t know, because I dropped out of a society with tatemae(one’s hidden motivest) a long time ago, and I only speak from my true feelings.

Anyway, those who can continue to live their lives with no problems at all, using both their real intentions and tatemae, probably have no problems at all, but for serious people who can’t continue to live with tatemae, it’s a very sad world.

カテゴリー

– Archives –

– other post –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –