星野誠 makoto hoshino

太陽系の2700万の時計と6万の時計

2018.10.30

ひさしぶりに携帯をiPhoneにしたのを機に、

Apple Watch にもデビュー。

初めて触ったApple Watchが、今回のApple Watch4。

歴代のApple Watchは、触ったことがないからわからないどけど、

Apple Watch4とってもいい。

じつは今年、ずっと時計を探していて、

ロマンジェローム の月に行ったアポロの機体の一部を使った

ムーンDNAコレクションや、

オメガのスピードマスタームーントゥーマーズ、

あとは惑星の動きがわかる惑星時計系、

地球の動きがわかる地球時計wn-2

など色々とみながら、心に響くものを探していたんだけれど、

たまたま、Apple Watch の文字盤を店頭で見ていたら、

あれ?あるじゃない。

地球の動きの文字盤と月の満ち欠けの文字盤と、

さらに太陽系の火星の位置まで正確にわかる文字盤が!

ちなみにヴァンクリーフアーペルの太陽系時計

ミッドナイト・プラネタリウムはお値段なんと2700万ほど!

 

月のクレーターをイメージした文字盤にはムーン・ダスト、

ベゼルには、アポロ11号のスチール部品が素材の一部として使用されてる

ロマンジェローム でも210万ほど。

 

それがApple Watchなら通常モデルなら6万程度。

自分が欲しい文字盤がすべてあって、気分でスワイプ、

さらにセルラーモデルなら、これだけで携帯のかわりに

通話もできちゃうApple Watch! ありがとうございます!

時の刻みを見るたびに幸せを感じられ、

生活に彩がまた1つ増えました(╹◡╹)♡

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –