星野誠 makoto hoshino

花を愛するのに植物学は不要である

2018.4.15

「花を愛するのに植物学は不要である」

稲垣足穂さんの言葉だ。

 

これを見たときに、自分のメガネに置き換えて、

あっなるほどと思った。

「メガネを愛するのに資格は不要である」

自分はまったく資格などわからない段階でメガネ屋を始めた。

 

昔はうちにレンズを作りにきてくれた方からメガネを受けて、

それを持って他のメガネ屋さんに走りに行っていたぐらいだ。

そんな形で始めたメガネ屋も10年目をむかえ、

今は、メガネのプロフェッショナルの先輩、仲間達がいてくれて、

完璧なメガネ屋になっている。

 

人生は「できる」「できない」よりも

「楽しめる」かどうかのほうが重要なのかもしれないな。