星野誠 makoto hoshino

1日が100倍薄まる時と100倍濃くなる時

2018.4.8

1日。1日の長さは24時間。毎日同じだ。

ハッと気づく。あれ今日、何してたんだっけな?

あれ、先月の同じ時間、何してたんだっけな?

あれ、先々月の同じ時間、何してたんだっけな?

まったく思い浮かばない。

同じ1日が100倍薄まる。1000倍薄まる。

逆に濃い1日は100倍、1000倍だ。

10年前、20年前のある1時間を今でも覚えている。

 

12時間みっちり子供と同じ時間をすごす。

自分が感じる12時間と、5歳の娘の感じる12時間はまったく違ってしまってるのか。

自分も5歳児まで降りていって、同じ感覚で遊ぶ。

その感覚でいったら1日はもっと深まるのか。

自分は本当に恵まれているはずなのに、

目の前の幸せが、なかなか掴めない。

手を伸ばせば届くところに幸せがゴロゴロしているのに、

それが、なかなかつかめない。

寝ても寝ても眠くなる。

現実の生活から目を閉じたいがために眠くなるのか。

ずっと現実から目をそらしていたいから、眠くなるのか。

寝ても寝ても眠くなる。