星野誠 makoto hoshino

明日の火星の原稿がまだできない。新たな時間には、きっと新たな思考。

2018.5.27

火星に行きたいか?といわれたら、正直今はまだ行きたくない。

なぜって、家族だっているし、ぜったい地球最高だ!

ラスベガスだって、セドナだって、北海道だって、東京だって最高だ。

 

宇宙のことを知りたいのは、

結局自分のことをもっともっとよりよく知りたいため。

自分の周りのことをもっと知りたいのは、

自分のことをよりよく知りたいため。極端に言えば、それかも。

 

火星には、まだすぐには行きたくないけれど、

古代エジプトではシリウスが日の出直前に地平線に現れる日を

1年のはじまりとしたように、もし火星にいったら日の入りなども

まったく違うはずだから、時間の概念もまったく変わって火星の時間が生まれるはずだ。

新たな時間が生まれたら、きっと新たな思考が生まれるはず。

そこにはとっても興味がある。

 

そう、話はちょっと変わって、

NASAによると宇宙の95%が正体不明の物質やエネルギーからできているらしい。

その中の20%が「光や電波を出さないので観測できないが重さのある物質」暗黒物質。

そして70%が「全宇宙を満たしている謎のエネルギー」暗黒エネルギー。

自分たちの住む空間は3次元だけど、今の宇宙論、

ブレーン宇宙論は10次元、超ひも理論。

正体不明の物質が95%とか10次元とか、結局、僕らは知らないことばかりだってことだ。

真実を明らかにすると、また新たな謎がうまれる宇宙の起源のように、

僕らの人生も、ある挑戦を達成すると、また新たな挑戦への欲求が生まれる。

宇宙の起源の謎が永遠にわからないように、

おそらく人生も永遠に答えなどにはたどり着かないんだろう。

 

自分たちはどこからきたのか。

自分たちは今どこにいるのか。

そして自分たちはどこへいくのか。

究極、やっぱりこれが知りたいことのすべてで、

あらゆる活動の動機なのかもしれないなぁ〜

 

とこんなことを思いつつ、明日発表の原稿がまだできない。

やっぱり火星の前に、念を込めるのは、帰ってくることができる月からにしょうか?

月に関しては、今回のシンポジウムにも、実際にアポロ11号で月面歩行後に

地球に帰ってこられているバズ・オルドリンさんも来ていらっしゃるし。