星野誠 makoto hoshino

セミナーは娯楽2 セミナーは結局どこも同じ

2018.4.1

 

自分はインド哲学科だった。だから心というのに興味があった。

だから、昔からいろいろな哲学書を読むのが好きだったし、

セミナーにもハマった時期があって、結構様々なセミナーに出たことがある。

100万のセミナー、30万のセミナー、10万のセミナー、1万のセミナー、

1000円のセミナーと。

 

でわかったのが、どんなセミナーでも結局内容なんてほぼ変わらない。

結局は人類の先輩方が唱える真理によっていく。

 

「シェークスピア」「言志四録」「ナポレオンヒル」

「マーフィーの法則」「7つの習慣」などその他、素晴らしいといわれ

長く語り継がれてきた真理を、ただ別の言葉で表現しているだけ。

セミナーの内容は、ほぼどこもかわらない。

合宿とかで外部と遮断して集中してやってみたり、

一気に熱量あげて伝えてみたりと、やり方は色々あるだろうけれど、

内容としては、ほぼ同じ。結局それだけだ。

 

1,000円の本も、

3,000円のセミナーも、

1万のセミナーも

10万のセミナーも

30万のセミナーも

100万のセミナーも

内容は、ほぼ同じ。

セミナーの中で言われるような先人のすばらしい真理は、

今は、1000円ほどのお手軽価格でいつでも気軽に本で読める。

 

でも、本で読むだけより、セミナーに行ったほうが結果は出やすい。

さらには、1万のセミナーより100万のセミナーのほうが結果は出やすい。

お金を払ったら払った分だけ、結果は出やすい。

1,000円のセミナーだと、別にその後、何も行動しなくてもなんとも思わないけれど、

自分が100万払ったセミナーだと、100万も払ってるしやんなきゃ!と思うから。

違いはそれだけ。

 

だから逆に、セミナーの有効的な楽しみ方としては、

内容に期待してお金を払うんじゃなく、自分の決心のためだけにお金を払うのがいい。

決心するためだけに100万払う。

そして払う金額は、自分の懐が痛むぐらいの額を払うのがいい。

100万が屁でもない人が100万払っても意味はない。

人によっては1億かもしれないし、人によっては1,000円のセミナーでも充分かもしれない。

とにかく、その時、思わず躊躇してしまうぐらいの値段じゃなきゃだめだ。

自分の懐を痛めて、決心を発表する場。

あえて、セミナーにお金を払う理由があるとすれば、

理由はそれだけ。

 

セミナーは、あくまで決心のためのプラスアルファだから、

自分の決心を確実にするため。

100万払ってセミナーに出るより、山登りに100万払って山登りしたほうが、

今後の人生の決心がつくならば、

山登りに100万はらったほうが全然いい。

でも100万のセミナーで自分に決心がつくなら、それはそれで全然いい。

要は自分が、人生でどう決心をするかだけのことじゃないかな。