星野誠 makoto hoshino

傷つくことは、誰かを大切にすることにつながります。

2023.10.28

「傷つくことは、誰かを大切にすることにつながります」これは自分の体にも言えて、傷ついて初めて自分の体のありがたみがわかる。

ウルトラ系レースや高所登山をした時は、老廃物や疲れを体にためないために、尋常じゃない量の水や食べ物を食べていた。喉が渇いた時点ではすでに脱水で、それから水を飲んでも遅い。

ウルトラ系や24時間動き続けるような時は、自分の場合は、水は4から6リットル、食事は5000カロリーぐらい取ると、次の日に疲れが残らない。

逆に、水や食べ物をとらなかった時は、もう体がボロボロ、リカバリーに1週間ほど時間がかかってしまう。傷ついて自分の健常な体のありがたみが、身に沁みてわかる。当たり前のようなことは当たり前じゃないんだと。

ーーーー

ーーーー

Hurting leads to appreciating someone else.
This is also true for my own body, and I only realise how much value my body when I am injured.

When I was doing ultra races and high altitude mountaineering, I had to consume an unusual amount of water and food to keep my body from storing waste and fatigue. By the time you get thirsty, you are already dehydrated and it is too late to drink water.

If I was in an ultra or on the move for 24 hours, I would take 4 to 6 litres of water and about 5,000 calories of food so that I would not be tired the next day.

On the other hand, if I don’t take any water or food, my body is already a wreck and it takes me about a week to recover. You get hurt and you realise how grateful you are to have a healthy body. That what you take for granted is not the norm.

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –