星野誠 makoto hoshino

気分の両極端を行ったり来たりする

2023.1.19

今日は、命綱なしで飛べを読んだ。

要約に 「不恰好でも望ましいことをする」「下手でも踏み出す」ことで、時間はかかっても命綱なしで安全に飛べる。これが自己成長、唯一の道 とある。

もうこの要約に、すべてが凝縮されている。

目的と方向性の欠如。気分の両極端を行ったり来たりする。

まずい時の自分に心あたりのあること多々。

やはり、どんな本を読んでも同じ。とにかく後手後手に陥らないように。

ーーーー

ーーーー

Today I read Fly without a lifeline.

In summary: “Do something ugly but desirable” and “Get out even if you’re not very good at it” and you’ll fly safely without a lifeline, even if it takes longer. This is the only path to personal growth.

This summary already sums it all up.

Lack of purpose and direction. Going back and forth between extremes of mood.

I often find myself in the wrong place at the wrong time.

It’s the same no matter what book I’m reading. Don’t fall into the latter.

カテゴリー

– Archives –

– other post –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –