星野誠 makoto hoshino

「こだわらない」93回引越し90年生きた葛飾北斎

2021.9.6

日本のパスポートにも採用された我が国誇る芸術家「葛飾北斎」

現在の5年パスポートには北斎の富嶽百景が16作品。10年パスポートは24作品採用されている。

そんな天才北斎。50歳が平均寿命といわれた当時に、生涯で3万点もの作品を残したという。

ちなみに近年でもっとも、多作の人といわれたピカソ。

北斎とは時代も環境もまったく違うけれど、ピカソも91歳まで生きて、14万7800点ほどらしい。

ピカソも北斎も、そこまで制作意欲が高い方々は生きるためのエネルギーもやはり凄まじい。

なお、北斎は、絵を描くこと以外にほとんど興味はなく、掃除もしなかったので、家が臭くなってくると引越しを繰り返したという。さらに画家としての名前、雅号を30回以上も変え、45歳の時に葛飾北斎となったという。

自分の追求すること以外のこと以外は一切まるで「こだわらない」

達人というのはこういった方々のことをいうのかもしれない。人生の先輩方の生涯を追うと本当に色々と気づきをもらえる。そして反省させられる。

カテゴリー

– Archives –

– other post –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –