星野誠 makoto hoshino

ドローンも日常生活の一部に?15億円のドローンと、昆虫のような小型ドローン。

2021.3.11

ケリー・エアロスペース社のTHE ARROW、15億円のドローン。機体の特徴は、カーボンファイバーで作られたモノコック。最大重量16,800kgで4,800km以上の飛行が可能な軽量化を実現とのこと。

そして、ドローンなので、もちろん人は中にはのらず、パイロットはいらず、一般航空会社のパイロットアカデミーの一環として、約500人のパイロットが同社の戦闘用ドローンを操縦できるようにすることを検討しているらしい。

一方で、昆虫のようなドローンも。

 

開発したのはMITの陳助教。そして共著でMITの博士課程に在籍するZhijian Ren氏、ハーバード大学の博士課程に在籍するSiyi Xu氏、香港城市大学のロボット工学者であるPakpong Chirarattananon氏とのこと。小指サイズのドローンは、大型のドローンとは根本的に異なる構造で飛ぶ。

カーボンナノチューブに電圧をかけると、静電力が発生し、ゴム製の円筒を圧迫して伸ばすことができます。伸長と収縮を繰り返すことで、ドローンの翼が高速で振動、それにより飛ぶらしい。

これが果てしなく進むと、中国のSF 『三体』に出てくる“智恵のある粒子「智子」”のようになるのかな?

SF映画などでは、ドローンが必ず日常生活の一部になっているけれど、そんな日も間違いなく来るんだろう。

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –