星野誠 makoto hoshino

時間がない!って時は、大抵自分で物事を考えてない。

2021.1.30

『時間がないというのは嘘である。時間は十分過ぎるほどある。』(リチャード・コッチ)

という通り、本当のところ、時間は十分にあるのだけれど、あっという間に1月が終わってしまった。

時間がない、時間が早くすぎている時は、まさに自分で考えてない証拠なので、どうやら最近、自分は自分の頭でしっかり考えてないようだ。

大人になって、簡単に考えられなくなるのだから、子供のうちから訓練するべき一番大事なことは、

以下のようにも言われているように、

『教育の本当の目的がひとつあるとすれば、それは人をして常に疑問を投げかける状態に置くことである。』(ビショップ・マンデル・G)

常に考えられる子供に、いかに自分の頭で考えられる子に育ってもらうか。

そこがやっぱり1番重要な要素だろう。

また今、自分の心には、余白が少ないなと感じるのだけれど、それは、自分が、しっかりと時間を長期的なものに投資してない証拠で、短期的な物事に囚われすぎている証拠だ。それが今の心の余白を減らしている。だから、やっぱり、時間は長期的な視点を持って、現状とまったく関係ないことにも、先に時間をしっかり投資いこう!!

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –