星野誠 makoto hoshino

フロリダからカリフォルニアまで、アメリカ横断「トランスアムトライアスロン」

2020.12.11

今朝友人からトランスアムトライアスロンの紹介メールが。

サポートとセルフサポートで行う長距離トライアスロンで、距離はフロリダ州オーランドからスタート、南カリフォルニアの太平洋でフィニッシュ、アメリカ横断トライアスロン。

スイム32km。バイク5,000km。ラン500km。

まずスイムは、レイクケーン – フロリダ州オーランド – オープンウォーターで32km。湖を50周。

次にバイク。約3,076マイル(約5,000km)セルフ・サポートで、フロリダ州のセント・オーガスティン付近から、フロリダ州、アラバマ州、ミシシッピ州、ルイジアナ州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州を通ってカリフォルニア州へ。

最後ランは、デスバレー国立公園からカリフォルニア州のポイント・ムグ州立公園の太平洋まで約300マイル(約500km)。

制限期間は28日とのこと。

 

運営側によると、計画が大事で、スイムは36時間猶予なので、1.5日をあてる。 水泳の後の休憩や睡眠も含め。

次、脱落者が多いバイクは、最大19日間で計画。 1日平均150マイル。 これは、理想的な自転車の走行距離の日と、自転車に問題が発生して動けなくなった時、悪天候のための距離を稼げなかった時の問題などを考慮にいれて。

さらに、予備でもう1日追加。

最後のランは20日目から。

暑さとデスバレーを通過して太平洋に向かう320マイルのランは、8日あれば、1日の目標は約40マイル、とのこと。

こういった長い距離のセミサポートの超長距離耐久イベントでは、計画を再調整し、その場で即興で行う必要がもっとも重要だという。まあこの距離なら、そりゃ計画が重要になってくるだろう、しかし、これはなかなか面白そうだ。

アメリカ横断は、一度はしたいなと思っていたから、一度出てみてもよいかもしれない。めっちゃ辛そうだけど。

興味のある方はこちらのページを!「Trans Am Tri」

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –