星野誠 makoto hoshino

12カ月あるなら7勝5敗でいい。大事なことは12回トライを続けること

2020.12.1

今年は、コロナ。うちはメガネ屋なので、飲食店や旅行業ほど大変ではないと思うのだけれど、それでも売り上げが50%減った。まあ、しょうがない。そう思っていたら、

星野リゾートの星野佳路社長の記事を発見。ちなみに自分も星野だけれど、星野佳路社長とは、残念ながら、微塵も血の繋がりはない。しかし、星野社長は、いつも大変おしゃれなメガネをしているので、いつか自分のお店でメガネを買っていただけたらと思っている、いやむしろ、こちらからプレゼントしたいと思っている。苗字が同じ「星野」だし。

 

星野佳路社長いわく、

:短期的なマイナスに奔走することは危険。

:6月にダメならダメだと早く割り切って先のことを考える。

:12カ月あるなら7勝5敗でいい。

:失敗作にあまり長くひきづられないことが大切。

:いくらでもトライすればいい。

とのこと。

 

しごく当然のようだけれど、実際結果を出されている星野リゾートの星野社長がいうのだから、本当にこういったことなのだろう。大切なことは、12ヶ月だったとしたら、7勝5敗、つまり12回挑戦し続けるということなのだ!

今年は、いくらでもトライしてきたか?

今年、すでに12月だけれど、しっかり12回トライしてきたか?

うーむ、、、

やっぱりここが違いだ。結果を出される方はそもそもトライも多い。

自分の人生でも、12ヶ月、12回は最低トライするようにしよう!!

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –