星野誠 makoto hoshino

「ものすごく飄々としてる」雰囲気は作りあげたもの。

2020.5.28

昨日、自分の友人から自分の印象をいただいた。

・ものすごく飄々としてる。
・何があっても全く動じなさそう。
・自分にとって本当に大事なもの以外、どーでもいいと思ってそう。
・あんまり他人の言うことにいちいちピリピリ反応しないところが、すべてを受け入れているよう

ありがたい。ただ、これは自分がボーとしてて、できた姿じゃなくて、自分がそうりたいな!と思って、作り上げてきた姿だ。

あと、もう一つ、本当によく聞かれること、

・なんで突然海外で会社作りに行けたり、素人からエベレスト登ろう!と思って登れたり、さらには火星なんて目指すみたいなこと言えるの?「行動しろ!行動できない」の繰り返し。考え込むより、まずは行動!やってみてから考えろ!とはいうものの、それができない。どうやったらそれができるようになるの?

これについてもちょっと考えてみた。

こちらも自分が言われる印象と、まったく同じなんだけど、そりゃ、勿論、ぼーとしてて、どんどん行動ができるようになるわけではない。じつはこれも毎回、揺れにゆれてる。行動ってのも面白いもので、行動しなくなってくると一歩が出にくくなる。筋トレみたいなもんで、やってないとすぐ鈍ってくる。なので、身近なところで、昨日と違うお店に行くから始まり、まったく知らない場所にいく、まったく知らない人に会うなど、程度のジャブを絶えず繰り返しておく必要がある。自分もまだまだそう。何もしなくなると、どんどん凝り固まってくる。

あと自分の行動がなくなってくると、人との比較をしがちになる。人との比較はダメっ、よくないっなんて、そんなことはわかってるんだけど、比較しちゃうようになる。自分よりすごい人なんて、本当正直世の中いくらでもいるのが現実。そんなこと気にしてたら、なんの一歩もでなくなる。

あと、そもそも同じ毎日は自己肯定感をどんどん下げていく。年金ぐらしの方とか、ある程度ビジネスでお金たまって、生きるためのお金に困らなくなって仕事やめて、みんながボケたり鬱気味になる、一気に魅力がなくなるのは、すべてきっと同じ理由だろう。

だから、なんとか、自分に理由をつけて、自分を無理矢理でも駆り立てて、いつもと会わない人と必ず会うとか、いつもは行かないとこへ行く、いつも行かないちょっとした海外への旅行など、たえずストレッチしてないとダメ。これは絶対にダメ。

 

あと、もっとも強力な自信は、根拠のない自信って言うけど、それもそういうことで自分をフレッシュにしとかないと続かない。自分は根拠のない自信がかなり強いほうだけど、それだって、定期的に突然海外に会社作ってみたり、エベレスト行ってみたり、突然お店作ってみたりで保ってる。

あと、自分は自分にむかって、自分にむかって、誰にも見せない日記を20年やってる。くそくそくそくそ、お前はなんでそうなんだ!!!って描きまくってる。人への悪口じゃなくて、未来の自分から自分への叱咤激励を20年。あと、自分はよく映画みたりするのは、自分の中での師匠や、擬似的な友達で尊敬するやつ「アキラの金田ならどうするか」とか、いつも考える。「あああ、金田ならこんなチキンなこと言わないだろうな」とか、ハートブルーのキアヌならこんなチキンなこと言わないだろうなとか、ここは必ず打っ込むだろうなとか。やっぱり、そうやって自分を色々と高めてかないと、そりゃ人間だから、気分的には、落ちるときだってある。でも自分は30年、もう1人の自分が今の自分に叱咤激励を繰り返してきたから。

自己肯定感低くなってくると、将来に不安がでてくる。だから、同じような毎日をあえて崩して、自分の人生で送っていたい最後を意識的に絶えずイメージ。責任をすべて自分でもつこと。すべての物事の責任を自分のものとしたい。そう思って、30年、時にチキンになっては、叱咤激励。くっそおおおおおおおおおおおおおっ、ジェフ・ベソスさんが42才の時はこんな程度じゃなく、もっともっともっともっとリスクとってたぞ!!!など勝手に理想の人と比較してみては、イライラして、また現実の自分に戻って繰り返し。

それで、最初にも出したような、

・ものすごく飄々としてる。
・何があっても全く動じなさそう。
・自分にとって本当に大事なもの以外、どーでもいいと思ってそう。
・あんまり他人の言うことにいちいちピリピリ反応しないところが、すべてを受け入れているよう

こんな自分が最近印象としてよくもらうような、今の自分の雰囲気ができあがっている。

まあ、この流れ、死ぬまで永遠に終わることもないのかもな〜

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –