星野誠 makoto hoshino

自戒の伝『今度は愛妻家』

2020.5.25

「人生でもっとも長い時間、誰と過ごしていたいか?」
という、質問にやっぱり、自分は奥さまと子供たちだな〜と思ったものの「あれ?人生で大切にしたいことって、じつは手元にあるうちは気づけないのかな?」そんなことを思いながら、ぼーと空を見ています、おはようございます、誠です。

さて、さて、自分の人生のポリシーは「映画のような人生を!」僕は人生イメージだけで動いているので、人生を考えるときは、本よりも何よりも、映画を使ってます。そんな自分の夫婦観に影響を与えた一本。フィルムチャレンジ5日目 『5/10 今度は愛妻家 (2010)』

『今度は愛妻家 (2010)』
本当は純粋なんだけどチャラい、不器用、やんちゃな夫と、一見明るく天真爛漫、純真な妻、そこらへんに実際にありそうな夫婦をコミカルに描いた、だけれど泣かせる話。豊悦と、薬師丸ひろ子がドンピシャ、すべてが絶妙、行定勲監督の映画。

個人的には、途中の夫婦でいく沖縄旅行「なんでいつもこうなっちゃうんだろうね?しゅんちゃん、別れよ」のあたりとか、全編を通しての、豊悦の態度とか「アイタタっっっ」感にズキズキ。目の前に人生で一番過ごしたい人がいるはずなのに、人生で大切にしたいものすでにもってるはずなのに、そのありがたみにまったく気づけない世のすべての人へ自戒の伝「今度は愛妻家」

「4/10 きみに読む物語」とともに、家族関係の指針「今度は愛妻家」を見てから常に気持ちだけは【今から】愛妻家

人格形成に影響を与えた映画10本、「1/10 ガタカ」「2/10 ライトスタッフ」「3/10 フォレスト・ガンプ」「4/10 きみに読む物語」「5/10 今度は愛妻家」

皆さまよろしければ、ぜひぜひぜひぜひ、以下も目をとおしてくださいませ〜 なお内容は「今度は愛妻家」とまったくかぶってもいません〜

『メガネが人生を変える』
「新しいメガネは必ずパートナーに反対される、新しいメガネは家族に見せてはいけない」

『素人からの挑戦 』
エベレスト頂上一点狙い「よく来れたね。奥さん子供は?」の全1105日。

それでは、みなさま、本日も今ある状況で素敵な1日をお過ごしください!!

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –