星野誠 makoto hoshino

「散ることを知りながら咲くことを恐れず」「幸せを捨てて、幸せを得た」この2つの言葉を浴びせたい

2019.2.27

結局、色々あると思うから、行動しない。

行動する前からやめる。

それでいて、批評はいっぱし。

本当に多い。このタイプ。

こんなタイプには、この2つの言葉を浴びせたい。

 

「散ることを知りながら咲くことを恐れず」(詠み人しらず)

「世の中に不満があるなら自分を変えろ!それが嫌なら、

耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!」(攻殻機動隊  草薙素子)

 

散る。でもやる。

行動したところで、歪みもでる。でもやる。

行動することで何かを捨てなきゃいけない。でもやる。

 

オリンピック、フィギュアスケート2連勝の羽生結弦さんは、

靭帯損傷でも優勝した平昌五輪で、

「幸せを捨てて、幸せを得た」と語っている。

なんてすごい言葉だ!さすがだ!

 

 

人生は、結局は行動をおこせるか、おこせないか。きっとこれだけ。

お金持ちだろうが、才能があろうがなかろうが、きっとこれだけ。

ジェフ・ベソスさんと自分はステージはまったく違うけれど、基本は同じ。

きっとこれだけ。

散ることを知りながら咲くことを恐れず、行動を起こせるかこれだけ。

 

行動をおこせないと挫折も味わえないし、

自分の弱さも知ることができない。

自分の弱さを知れないと、勿論、自分の弱さを受け入れること、なんてできない。

 

だから、最初から、

「そんなことしても何になるの?」

「きっと●●だからやらない」

なんて言って、そのくせ批判ばかりの人は、本当に

 

「世の中に不満があるなら自分を変えろ!

それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!」

 

ちなみにこの言葉、

本当は、誰に1番言いたいかというと

常に自分

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –