星野誠 makoto hoshino

「俺がやりたいからやるわけで、死んでも訴えないよ!」の一文

2019.2.10

最近「独自のオーラがありますね!」と言われることが多かったのですが、

うちのスタッフに言われて、原因がわかりました。

「独自のオーラ」

「常に全身に20kgの重りしょってるせいで、ちょっと浮浪者の匂いする」

というだけのことでした。

 

さて、「宇宙を目指す上で、死の恐怖ないんですか」

「山を目指した時死の恐怖なかったんですか」

と言われることが多いのですが、

「死の恐怖、勿論ある」

「高所登山の面白さは?」と聞かれた時の答えも同じで、「死の恐怖」

 

例えば、フルマラソンを走るときに

「このマラソンのどこかで死ぬかも」なんて

「死」を意識して走る人はいないでしょう。

アイアンマンなどの長いトライアスロンだってそう。

死ぬかも?なんて思って走っている人は普通はきっといない。

でも、高所登山は違う。

いつ死ぬかわからない。そこが、格段に面白いところ。

勿論、死にたいと思って山に登るわけじゃないし、

絶対死なないと思って登るわけだけれど、

常に死の危険があるっていうこと、それが最も面白い。

 

ケネディ大統領の演説で、

「なぜ高い山に登るのか?それが困難だからだ!」

というのがあるけれど、まさにそンな感じ。

死の危険は嫌!なんて人はそもそも山へ行かないだろうし、

行っちゃいけない。

 

なので、日本でも冬たまにおきてしまう

「冬山で死者が出ました。だから山は危険だ!やめよう!誰が悪い!」

のようなニュースにはいつも疑問がわく。

そもそも、冬山ってたぶん、行く人が覚悟を持っていくべきだし、

覚悟持って行って、楽しんでる最中なら死んでもしょうがない。

本望じゃないか。逆にそれが、本望と思えない人は冬山なんて、

いっちゃいけないではないか?

夏の山にしていたほうがよかったのではないか?

色々あったのかもしれないけれど、そもそも自分の意思でした選択だったんじゃないか?

楽しんでる最中に、死んじゃったらしょうがない。

病気で死ぬ、不慮の事故で死ぬとはわけが違う。

冬山は、そう思える人が行くべきだ。

宇宙だって、もちろんそうだろう。

だから宇宙行って死んでも、山行って死んでも、

関係者や仲間を訴えるとか検討違い。

以前、アメリカでスカイダイビングやったときも

長い誓約書に、「おれがやりたいからやるわけで、死んでも訴えないよ!」

みたいな一文があった。それと同じ類のことだろう。

 

話はちょっと飛ぶけれど、

以前、飛行機が無性に怖い時期があった。

乱気流なんかで揺れると

「あ〜あああ、こんなとこで死ぬのはごめんだ!

違うところで命を使わせてくれ!頼む頼む!」

と無性に怖かった。

ただ、それもある時期から、無くなった。

「そもそも飛行機を乗るという選択も、

自分が選択してるわけだし、まあ落ちてもしょうがないかっ

でも頼むから落ちないで♡ ほんとにほんとに頼むから♡」となった。

とにかく宇宙も高所登山も、極端な話

死の覚悟をして、その上で「絶対何があっても死なない!」

と思って行って、絶対死なないように全力を出しきる類のものなんだと思う。