星野誠 makoto hoshino

「俺は経営者だ。そんな時間はない」

2019.1.13

昨年子供が生まれ、こんなに子供と接しているのは初めてだと気づいた。

すでに4人目ではあるのだけれど、

じつはこんなに赤ちゃんと接するのは初めてだと気が付いた。

3人目が生まれた時は、ほとんど日本にいなかったし、

長女の時も、次女の時も思い返すとほとんど育児をした記憶がない。

3人目は日本にいなかったとして、なんで長女の時も次女の時も

記憶がないんだろう?と思って妻に聞いたら、

「俺は経営者だ。そんな時間はない」みたいな、なんとも恥ずかしいセリフを言っていたらしい。

そもそもこういう系のセリフを言うやつは大抵は無能。

今もあまり成長してなく、「経営」などということにかすってもいない自分だけれど、

そんな自分にとっても子供たちは本当に可愛い。

とにかく上の3人の娘は大きくなって、2人はすでに小学生、一番下の子も幼稚園。

大きくなっていっても、変わらずとっても可愛いけれど、

赤ちゃんっていうのは、本当に可愛いもんだなぁ。

表向きに派手だったり、激しい激動の生活を送っている人が、

人生の最後にもう一度人生をやり直せるなら、何も悔いはないけれど、

しいてあげるならば、子供と、もう少し接したかったというセリフを

ドキュメンタリー映画などでよく見るが、本当にそう思うのかもしれないな。

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –