星野誠 makoto hoshino

改めてビックリ!10年前書いていた絵の通り

2018.11.19

奥さんと知り合って間もない時のデートで、

手作りで作れるガラスの器を作りにいった。

その器に、家族の絵を書いた。

もちろんまだ結婚してないし、子供もいない。

でも、4人の子供と奥さんと自分、楽しそうにしている絵の器。

4人の子供、なんとなくそんなに子供がいたら楽しいな。

うちらの子供だから、全員元気だろうし、絶対楽しいな。

そんな風に思ってなんとなく書いた。

それから10年、4人の元気な子供と奥さんと賑やかな家庭

それが実際実現した。

4人の子供は、正直そんな多くいけるんだろうか。

大変?など本当に考えると色々と思うんだろうけど、

そんなこともまったく考えなかった。

そしたら、なった。

最近改めて思う。

思わないと絶対ならない。

「思えば叶う」ありきたりの言葉のようにいわれているけれど、

本当に重要だ。

そちらを目指さないと、子供も4人できないし、

エベレストの山頂を目指さないと、エベレストの山頂には到達しない。

たまたまエベレストの山頂みたいなことは、絶対ないと言い切ってもいいんじゃないか。

たまたま4人の子供は、、これは無計画にするとあるのかな(笑)

あとよく言われる例え、宝くじを買わないと宝くじは当たらないとか

その類。

とにかく、思わない限りならない。

思わない限り、そっちの方向には行かない。

思うってことで、そっちの道に行くわけだから。

4人目の子が生まれ、思うってことのパワーを改めて感じたここ数日。

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –