星野誠 makoto hoshino

何かが、 どこかが、壊れるかもしれない。3年前の日記

2018.8.17

自分は2000年から18年間、紙の日記を書いている。

その日記の3年前の読んでみたら、こんなことが書いてあった。

 

「泣けてくる、まだ耐えられるか 。 1人で進むのは簡単だ。

 何かが、 どこかが、壊れるかもしれない。

 すべてを拾いきれない。すべてを選択できない」

 

3年前の今日、インドネシアで会社の立ち上げをしていて、3女もまだ2歳、

初めての8000m級の山、チョーオユー挑戦を控えていた頃の日記。

 

今はどうだろう?何か少しでも成長できたかな?

何か山を超えると、一つ大きな自分になれると思っていたけど、

人生はそう単純じゃないみたいだ。

もちろん、色々なことには動じなくなってはくるけど、

突然、一撃必殺的な何かを身につけられるわけじゃないみたいだ。

人生も、川の流れのように、徐々に徐々に、川幅が大きくなり、

やがて大きな海になる。そんな感じなのかもな。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –