星野誠 makoto hoshino

何かを始めようとすると、身近な人ほど必ず反対する

2018.7.13

何か新しいことを始めようとするとき、大抵、身近な人であればあるほど反対する。

 

なぜか?理由はきっと2つ。

まず1つめ、それは、あなたのことを思ってくれるから。

あなたに興味のない人は反対しない。

反対してくれる相手は、あなたに興味がある人だ。あなたのことを気にかけてくれる人だ。

 

反対の理由2つめ、自分の生活にも影響するから。

となりの人が何かチャレンジしている分にはいい。

もし身近な誰かが何かをして失敗でもしたら、

自分の生活やら、なんやらいろいろなことに影響があるから、

うちの旦那やうちの社長がやるのは、もう勘弁して。

そんな感じになる。

だから、大抵、安定というものにしばりたがる。

だけれど、それにしばられている限り、何も新しいことなんてできやしない。間違いない。

だから何かを始めようとする時は、大抵、一番身近の大切な人の意見こそ、

あえて聞かないようにしなきゃならない。

特に今までやったことないことやるときは、

ほぼそんなもんじゃないかなって思う。

 

あと、追加で言うと、もしそこまで反対されないなら、

それは、その人にとって新しくないこと、予想範囲内のことになるから、

チャレンジとは言わないのかもしれない。

きっと、達成してもそこまで何も変わらない。

反対されれば、されるほど

そんなのバカだ、バカだと言われれれば言われるほど

そんなことを達成すると大きく物事が変わる。

きっとそんなもんだろう。