星野誠 makoto hoshino

9999人によくないね!と言われるメガネ

2018.6.29

すべての人にいいね!と思われるようなメガネを選ぼうとすると、つまらなくなる。

 

自分はお客様によって、選ぶメガネの基準をまず考えるのだけれど、

お客様によって、

 

8割 いいね! 2割 よくないね!

7割 いいね! 3割 よくないね!

6割 いいね! 4割 よくないね!

5割 いいね! 5割 よくないね!

4割 いいね! 6割 よくないね!

3割 いいね! 7割 よくないね!

2割 いいね! 8割 よくないね!

1割 いいね! 9割 よくないね!

1人 いいね! 9999人 よくないね!

 

選ぶメガネは「5割がいいね!5割よくないね!」ぐらいのメガネだと

すごくいいメガネになる。

この割合だと、突然知らない人から「そのメガネいいですね!」と

声をかけられるメガネになる。5割なので、

「なんですか!そのメガネ」とも言われる場合もあるけれど、

賛否両論のメガネのほうが人と被らないし、もちろんカッコよくなる。

 

10割の人にいいね!と思われるようなメガネを狙うと、

10割の人に特に何も思われない「どうでもいいね」みたいなメガネになる。

あえてこちらから話をふらないと何も言われないメガネ。

「そのメガネいいですね!」とはほぼ言われないメガネ。

 

自分が、お客様のメガネをお選びするときは、

一般の方で

8割 いいね! 2割 よくないね!

7割 いいね! 3割 よくないね!

6割 いいね! 4割 よくないね!

 

友人で、

6割 いいね! 4割 よくないね!

5割 いいね! 5割 よくないね!

4割 いいね! 6割 よくないね!

 

もっと行ける人なら

4割 いいね! 6割 よくないね!

3割 いいね! 7割 よくないね!

 

の割合でメガネを選んでる。

でも、本当は自分は、1人 いいね! 9999人 よくないね!

こんなメガネを選びたい。

 

でもこれって、実際はすごく難しくて、

9999人によくないね!といわれても、かけ続けられるタフな人はそういない(笑)

でも、9999人にダメっと言われても平気でかけ続けるような方が、

一人にいいね!って言われるまで、かけ続けられるほうが

人生も楽になるし、結局は楽しいと思うんだけどなぁ〜(笑)

 

今日は渋谷店はお休みですが、

通常、金曜日から月曜日まで渋谷で自分が

お客様にあわせて、どのくらいの方に「いいね!」って言われたいかで

しっかり眼鏡をお選びしますので、

お近くにいらしたらぜひ遊びにいらしてくださいませ〜