星野誠 makoto hoshino

まずいな。まずい。

2018.6.2

ちょっと適当すぎた。

まずい。自分と関わった人をなんとか幸せにしないと。

人の恨みをかわないこと。

絶対に、まずは誠眼鏡をしっかりしないといけない。

絶対にインドネシアをしっかりとしないといけない。

そうじゃなければ、ぜったいに人は自分のもとについてこない。

ぜったいについてこない。

まずは、いまやっている仕事をきっちりと、

新たな人材に絶対きてもらえるようにしないといけない。

うちの従業員に満足してもらえるような会社でなくてはならない。

そして香港の人々にも必ず恩返しをしなくてはいけない。

 

そうでないと、宇宙でイーロン・マスクやジェフ・ベソスさんと対等なんて絶対にいけない。

こんな気持ちだと、自分の講演は、ちょろちょろとした講演になってしまう。

つまり目的なくコメディのような講演はしない。

しっかりとした筋のもと人のもとで話さなくてはならない。

 

夜道で背中さされちゃいました(笑)わっはっは なんてださい。

もし、そういう話ばっかしてると、そういう人がよってくる。

まずい。まずい。自分の波動が淀むとまずい。

淀むとそういう人が集まってくる。それはまずい。

 

エベレストに向かっていた時のように

シンプルに極限までシンプルに、感性を研ぎ澄ましていかないと、

実際のビジネスも何もできるわけがない。

20兆企業やります!なんて、発している自分がチャンチャラおかしくなってしまう。

堂々としよう。もういい加減、小手先でなく本質でいこう。

真っ向から行こう。しっかり人も思いやろう。

もう自分も来年で40代だ。まずい。危ない。危うい。

 

山では間違いなく真剣だったが、

地上では、本質ない道ばっか通り、逃げ道ばっかり作っている。

今の自分のビジネスには本気度がない。本当に、ただただ胡散臭い。

まずは日本、香港、インドネシアをしっかり立て直し、財力をたてなおさないと。

そんなことでもできずに宇宙だ!仲間募集!なんていってられない。

芯がない、実がない。そんな状態の自分に何もできるわけがない。