星野誠 makoto hoshino

気苦労多い

2018.4.5

チャップリンの生い立ちはいつ見てもすごい。

そして人生もいつ見てもすごい。

第一回アカデミー賞の特別賞を、

「わずかの人間で決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私の欲しいのは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれるならば、それで十分だ」と突き返したり、

そんなチャップリンも、38歳の時に、撮影所の火災、母の死、離婚などで

白髪になってしまったり、その経験もパワーに変えてか、

さらに素晴らしいものを生み出し続けたりと、とにかくすごい。

人の一生って、やっぱりわからないなぁ〜

気苦労をしないといけないのかな〜とたまに思う。

 

そっちに振られすぎた時は、

漫画「セイントお兄さん」を見ると、すごく和む。

 

話変わって、うちの妻は、同い年や年上の人から、貫禄あるといわれるらしい。

「よかった!そこらの人よりは、たぶん気苦労多いんじゃない!」

と奥さんに言ってみようかと思ったけれど、そっと心にだけ留めとくことにした。

気苦労で人生がでかくなるにしても、気苦労は自分だけにして、

奥さんには、貫禄つけるお手伝いじゃなく、

まずは、奥さんの本当の役にたっていくことを目指さないとね(笑)