星野誠 makoto hoshino

箕輪編集室がおもしろすぎた。

2018.3.30

去年7サミット登頂を終えて、

今まで社会から離れていたから一気にインプット!っと、

すぐに10月末からオンラインサロンに入りまくった。

すべてを最初から最長でも3ヶ月でやめる予定だったけど、

箕輪編集室が面白すぎて、結局、半年ほど入ってしまった。

オンラインサロンは、自分でバンバン色々なことやろう!ってのもあるんだろうけど、

自分はそれはまったくなくて、僕が楽しみにしていたのは、定例会。

毎月のすっごく楽しいゲストさんと、箕輪さんの駆け引きが本当に面白かった。

でも、ここ最近一気にサロンの人数が増えて、2ヶ月連続で定員オーバーで

定例会に参加できなくなって、今月末でやめた。

でも、じつはキャンセル待ちというのがあって、じつは結構今後も参加でそうで、

やめなきゃよかったと後悔した(笑)

 

様々な分野の面白い方がいて、とっても面白いんだけど、

毎月、定例会に参加し、改めて再確認したことは極端に言うと1つだけ。

面白い人は、全員共通していて、とってもシンプル

「自分の頭で考えて、自分の頭で考えてことを実際行動する」

それだけ。本当それだけ。

 

それを特に表しているのが、質疑応答の部分で、

特に幻冬社の社長、見城 徹さんと箕輪さんの定例会の映像がわかりやすかったんだれど、

見城 徹さんのお話の最後、みなさんからの質問に、ほぼぜんぶに、

「それは自分で考えるんだよ」

「サロンなんて入ってて何になるの?」

「そんな質問してる時点で何にもならないよ」

みたいなことを言ってらしたんだけど、やっぱりそのとおりなんだろう。

答えなんか、絶対他人からは出てこない。

自分の頭で考えて、自分の体で行動する。それだけなんだろう。

箕輪編集室、最高に面白かったけど、

まあ、そろそろ人のお話聞くより、自らを見ろ!

やっぱり、そういう時期なのかな(笑)