星野誠 makoto hoshino

本気スイッチ

2018.3.28

本気スイッチ。今の自分の人生の節目になっている時期は、必ずこれを押せた時。

バックパックで37カ国ほど回った時、30歳で眼鏡屋をはじめたとき、

7サミットに挑戦したとき。

本気スイッチが押せると、結果がまったく違って来る。

本気スイッチが押せないと、表向き行動してるように見えても、

結局のところ何も達成できない。

何も継続できない、簡単なことも成し遂げられない。

だから毎回、自分の中の本気スイッチを探すんだけど、それがなかなか見つからない。

毎回毎回場所が違って、本気スイッチのありかが、今だに、まったくわからない。

 

本気スイッチを押せてないときの行動は、出来の悪いロボットのよう。

とっさの状況にまったく対応できず、最初のプログラム通りにしか動けない。

機転が利かない。ターゲット、目標をすぐに見失う。

逆に本気スイッチが押せてると、目標に向かっていく追撃ミサイルのよう。

ターゲットを一度外れても何度でも何度でも追撃できる。

 

人生すべての場面で、本気スイッチが押せれば、

どんなに楽だろうといつも思うんだけれど、

なかなか自分の中の本気スチッチが見つからない。

 

エベレストに登ったときの本気度で、ビジネスもできたら、ぜったいにいいのに、

本気スイッチが見当たらない。

くそぉおおぉ〜 今回の自分の中の本気スイッチは、いったいどこにあるんだ!!