星野誠 makoto hoshino

普段は下車することもない街での贅沢

2018.3.27

今日は、明日朝の講演の時間の関係で、ホテルをとっていただき東村山に宿泊中。

普段は下車することもない街、タクシーで帰れる距離の街。

そこに一人泊まって感じた贅沢さ。

例えば沖縄旅行中に沖縄に泊まる、アメリカ旅行中にアメリカに泊まる、

アルゼンチン旅行中にアルゼンチンに泊まるなどとは、まったく違う贅沢さ。

知らない街に一人、しかもタクシーで帰れてしまう街。

通常は途中下車もしない街。一生で来ることもなかったかもしれない街。

そんな街に一人泊まれるって、なんだか本当に贅沢だ。

勿論、知らない街に一人というのを贅沢だと感じられるのは、

帰るところがあってこそで、戻るところがあってこそ。

それをしっかり噛み締めて、足元足元、見ていかなきゃ。