星野誠 makoto hoshino

小学1年の愛する娘、自ら一人マレーシアに短期留学か!

2018.2.12

うちの娘は来年小学2年生なんだけれど、

なんかうちの妻がたまたま持ってきたチラシ、

マレーシア留学の記事に反応し、

なんと、一人でマレーシアに留学すると言う!

といっても5日間のプチプチプチプチ留学だけど。

 

「一人でもいいの?」(自分)

「うん」(娘)

「マレーシアちょー楽しいから、絶対行った方がいいよ」

「いく!」

 

まさか一人で旅行にも行ったことない娘がプチ留学とはいえ、

マレーシアとは!お父さん、本当っ嬉しい!!

と感激してたのだけれど、

数日後、娘に「マレーシアの説明会、来週だね!!」と言ったら、

「やっぱり行かない」と娘。

「やっぱり一人だと寂しい」って。

 

「え!!!」と思い、

「寂しさは人を成長されるんだよ!絶対楽しいよ!本当楽しいから」

「習い事なんかやるより、世界見た方がぜったいいい」

「もう正直学校とかどうてもいいし」

「勉強なんかより、肌で世界を感じた方がいいんだよ、絶対間違いないっ」

などなど、他にも色々と、

今自分の持っているすべての玉を娘にぶつけてみたんだけれど、

娘の心には、まったく当たらず、まったく響かず、もう最後は、

「マレーシア行くんなら、ディズニーランド友達とお泊まりで行く時のお金出してあげる」

「マレーシアまで一人で言って、5泊とまって帰ってきたら、

お友達だけでディズニーランド泊まるなんて余裕だから、お友達のお母さんも説得できるよ」

「いや、お友達だけでディズニー宿泊、説得できないようなら、そこはパパが協力する!」

など、ニンジンぶら下げトーク全開。

でも、もう、まったく響かず。

 

でも、まだまだ諦めず、

「どうした娘っ、行くといっていたじゃないか、前回の一瞬の判断は絶対正しいぞお〜」と

「マレーシアいいよ!マレーシア行くよね!」と引き続き、娘の耳元で囁き続けるそんな夜。

巷では、こういうことを親の一方的押し付けと言うのかもしれない(笑)

でも、yes!!  you can do it!!! yes you can do it!!

長女の名前は「夢」 自分の一番好きな言葉からとった「夢」