星野誠 makoto hoshino

心が叫びたがってるんだ

2018.1.19

例えばトランプゲームで、エースが一番強く2が一番弱い状態

AKQJ1098765432

の強さが逆点して、

2345678910JQKA

とエースより、2や3が強くなるような天地がひっくり返る状況って、現実でも時々ある。

 

海外に行くと、インフラがまったく発展してなかった国が、

固定電話を飛び越して、日本よりも携帯がものすごく発達していたり、

チベットの僻地で、テレビなど通り越えて、もうネットが急激に発展してたり、

偽札が流行ってて現金があまり信用されてなかった中国で、

電子マネーが急速に発展して、すべてAlipay wechatペイメントだったり。

 

何かを持っていなかったり、何かが不利なほうが、

新たな一歩踏み出すのに、有利になるってことは間違いなくある。

既存のシステムを捨てる必要がなかったり、

また何かを変えたい、もしくは変えなきゃいけない必要性があったりと。

 

これはむしろ人にも言えて、今、自分が、そこそこのものを持ってると、

なかなか一歩が出せなくなる。

今のままでも大丈夫、そのような状況って、新たな一歩を踏み出すのを、すごく難しくする。

 

『どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない』(J.P.モルガン)

 

って言葉もあるように、何かをはじめたいなら、何かを捨てなくてはいけない

この点で考えると、もともと何も持ってない人のほうが、

捨てる必要がないから、すぐ飛べる。

 

何かを持っている人は、一歩踏み出す前に、そもそも、持っているものをなかなか捨てられない。

だから、今、何かを持っているということは、じつは強みでなく、弱みにもなる。

 

新たな一歩を踏み出すという点においては、今の時点で、自分が何を持っていて、

何を持っていないかなんて、まったく関係ない。

新たな一歩を踏み出すということにおいては、すべての時点で、可能性は平等だ。

 

「新たな一歩を踏み出す」っていうのは、まあ普通はなかなかできなくて、

踏み出すためには、2つのものが必要だ。

 

1つ「自分の心からやりたい事を探すこと」

2つ、それがわかったら後は「覚悟を決めること」

 

この2つは、人に相談して、わかるようなものじゃないし、

人から教えてもらえるようなものでも、

人に言われて、できるようなものでもない。

自分の中からしか、答えや衝動は出てこない。

 

 

あと、人からもらえるインスピレーションなんて、

自分の中から出てくるものと比べたら、正直、たいした力にならない。

結局は自分の中から出てくるものでしか、自分自身を本当には行動に駆り立てられない。

 

だから、本当にやりたいことを見つけるためには、

無駄な情報や、人との時間をシャットアウトしなきゃダメだ。

今は世間の雑音が多すぎるから、人の中にいると、「自分の心からやりたい事」と

「人からの影響をうけ自分がやりたい気になっていること」の区別がすぐできなくなる。

 

そんな中で、自分の覚悟を見つけることなんて、まずできないから、

自分の場合は、無理やり人とは会わない時間、人からの情報を遮断する時間を必ず作る。

とにかく自分の魂の声を掘り起こすことだけに集中する。

自分だけの炎を燃やし続けられる分野を探すことだけに集中する。

一人で自分の内面を見つめるために、生活の時間の大半を使う。

これは、人に会ってどうこうよりも、間違いなく効率的だ。

 

バックパックでの一人旅行だったり、登山だったり、

その時によって、やり方は人それぞれだと思うけれど、

とにかく、自分と対話する時間を持つこと、これはすごく大切だ。

 

「自分の心からやりたい事」を見つけるのって、

簡単そうなことだけれど、生半可じゃ出てこない。

だからちょっと考えただけで「自分の心からやりたい事」がわからないっていうのは、

普通だと思うし、正直、そんな簡単に出てくるものでもないだろう。

 

次に何かを始めたら「覚悟を決めること」って、よく言われるけれど、

これは前提として、「自分の心からやりたい事」じゃなきゃ、覚悟なんてできるわけがない。

「覚悟をしなさい!」と人から言われたことに対して、

心からの本当の「覚悟」なんて、できるわけがない。

 

なので、自分は「自分の心からやりたい事」を探すのと、

「覚悟を決める」ことのためだけに自分の人生の9割の時間を使っている。

 

「自分の心からやりたい事」を見つけ、それが見つかったら、「覚悟を決める」

むしろそのためだけに時間を使ってると言ってもいい。

 

こんな感じなので、自分の場合は、自分の「覚悟が決まった」時点で、

もう半分は達成できたも同然だ。

その段階になると、もう達成するイメージしかないし、

「失敗」「成功」などという感情すらない。

これをやったら後で何になる? など、そんなこともまったく考えない。

ただただ、それを達成し終わった自分のことしか考えない。

 

今自分は39歳になるのだけれど、人からみると、この39年の行動が、

まったく思いつきで、何の繋がりもないのように見られていることが多いんだけれど、

(まあ実際、ある意味ではすべて思いつきなんだけれど(笑))

常に、自分の心の声を掘り出した結果なので、この意味においては、

じつは、自分の中では一貫している。

 

「自分の心からやりたい事」が本物かを探るため、

まずは、あれこれ実際に手を出して、本当の「自分の心からやりたい事」を発見できた後は、

それ以外のことは、完全にシャットアウト「覚悟を決めて」徹底。

 

で、それが終わると、また色々な所に手をだして、

また「自分の心からやりたい事」が見つかったら、

それ以外を完全にシャットアウトして、「覚悟を決めて」徹底。ただその繰り返し。

 

そう、僕は、「世の中の需要を探す」といったことが、ひどく苦手だし、

「これ儲かりそう!」など、閃きがまったくわかない(笑)

だから、自分の人生の唯一の行動基準は、

「本当に自分が覚悟を決められることなのか」これのみだ。

 

死ぬ瞬間、自分は何に後悔するか?

これをやめたら後悔しないか?

逆にこれをやらなかった場合、後悔しないか?

それだけが、自分の行動基準。

考えていることは、常にそれだけだけ。

 

今、眼鏡屋をしているのも、

山に登ったのも、今後、宇宙に行きたいのも、単にそれだけ。

特に他に何の理由もない(笑)

簡単にいって、「そこに山があるから」それだけだ。

 

自分の心は、もっともっと叫びたがってる。

自分の心の叫びだけを取り出す。

雑音が多くて、なかなか自分の魂の声を拾うのが難しい現代だけど、

そんな自分の心の叫びだけを取り出そう。

 

じつは、今日シンガポールに入って、

これから2日間ほど、シンガポールで講演をさせていただく予定で、

さらには、シンガポール帰った翌日、すぐ東京で講演させていただく予定です。

 

自分の人生は、今やっとスタートラインに立てたところで、

まったく偉そうなことは言えないんだけれど、

色々と実際トライアンドエラーを繰り返して、感じた上のようなことを、

お時間をいただける皆様には、全力でお伝えさせていただき、

また新たにご一緒に考えていければと思っています。

 

心に刺さるか、まったく心に刺さらないかは、まったくわかりませんが、

全力でいかせていただきますので、

ご興味がある方はぜひお声を下記のリンクを辿っていただければ嬉しいです!

 

さあ、自分の中の軸をもとに世界を動かそう!!

 

 

◆ 2018/1/20 1/21   シンガポール日本人会

日時 2018年1月21日(日)11:00〜13:00(開場10:30)
場所 シンガポール日本人会オーディトリアム

日時 2018年1月20日(土)15:00〜17:00(開場14:30)
場所 シンガポール日本人会オーディトリアム

 

◆ 2018/ 1/24 19:00〜20:30 Basis Point 新橋店

【セミナー開催】眼鏡屋がエベレストを目指した理由~100の言い訳よりも1つの行動~