星野誠 makoto hoshino

疾走する青春!「オートバイカラオリタラシンジャウ病」

2018.1.6

オレはゴールのない明日に向かって、青春ハイウェイを今日も疾走する!

皆様、おはようございます! 誠です。

 

さて、皆さんは、漫画アラレちゃんに出てくる「オートバイこぞう」をご存知だろうか。

オートバイから降りたら死んでしまう

「オートバイカラオリタラシンジャウ病」にかかっている小僧だ。

 

走るのをやめると死んでしまう。

これは、ある種、何か人生に似ている。

 

走るのをやめると死んでしまう原因は、きっと比べることにある。

比べることには、2種類ある。たぶん。

 

1つめは、わかりやすい「人との比較」

認めてもらいたい、すごいと思われたい。

ある時期までは、劣等感など使ってやっていくのもいいかもしれないけれど、

自分の心からのやりがいは、これだと、まず見つからない。こっちは明らかにダメだ。

 

もう一つの比較「自分の理想との比較」

人と比較するんじゃなく、矢印は自分なので、その分やりがいはある。

ただ高い理想があれば、そことのギャップは常にある。

つまりいつも目標を上回っている時期がない。なので、いつも走りつづけている。

more and more 病、「オートバイカラオリタラシンジャウ病」

常に走りつづけていないと気が済まない。基本、安らげる時間はない。

 

止まったら死ぬといわれているマグロは、じつは止まっても死なない。

海では常に潮が流れていて、止まっていられるような状況にないだけで、

実際夜は、速度を落として休息してるし、止まってもすぐに死ぬというわけではないらしい。

 

人生も、潮の流れのようなもので、なかなか止まれないかもしれないけれど、

ついつい比較をしてしまう考えからは、抜け出そう!

比べることは、100害あって一理なし!「 いま、ここ 」に全力で!!