星野誠 makoto hoshino

時間は平等。実際の24時間は不平等。

2018.1.3

時間は平等。実際の24時間は不平等。

時間は平等。でも実際の24時間は不平等。

 

24時間はみんなに平等に訪れるけれど、

24時間の自由度に関していえば、人それぞれまったく違う。

 

24時間の自由度は不平等。

24時間、ボードゲームだけに熱中していられる人と、

24時間、ボードゲームに熱中したくても、していられない人もいる。

この時間の自由度は、時間を買うことができれば、変えられる。

 

また時間の自由度は、日本に生まれることができた時点で、本当に感謝しなくてはいけない。

色々な国に実際40カ国ぐらい行ってみて、ヒシヒシと感じる。

 

次に、24時間の時間の質も不平等。

本当に面白そうに過ごす5才の子供の1時間と、

その何倍も面白いことをしていてるはずなのに、

すごくつまらなそうに過ごす自分の1時間。

この時間の質の方はお金を持っていても変えられない。

同じ1時間なのになぁ~

 

時間は平等、でも実際の24時間は不平等。