星野誠 makoto hoshino

本は自分の人生を走りながら 読もう!!

2017.10.29

「失敗しないように、●●という本を予め読んどいたほうがよいですか?」

そういう意見を最近よく見る。

予めというところがひっかかる。

正直どっちでも良いと思う。本を読んでも本当に失敗する時は失敗する。

例えば、実用書、例えがうまくないかもだけれど

旅行の本「地中の歩き方」などでこれこれこういう地域の場所で、

こういう人がきたら騙される可能性強いので、気をつけましょう!

などの情報ならある程度危険など回避できるかもしれないけど、

もっと人生の根本的な自己啓発系の本は、

いったん本を読むぐらいで 人生の失敗は回避できない。

本を本以上に、血肉とするぐらい心を込めて1000回ほど本気で全身全霊読めば

別なのかもしれないけれど、数回、数十回ぐらいじゃ

その本のエッセンスなんて、すぐ実行できない。

本を読んでるときは「なるほど!」と思うようなことでも、

失敗って避けられないものなんじゃないかなと思う。

本を読むのはもちろん良い!

今の自分では会えない人の意見がすぐ聞けるからとっても良い。

自分も何冊も読む。でも、本当に重要なのは本を読んだ後だ。

もし迷っちゃてる暇があるなら、とにかくぶっこもう!

で、ぶっこみながら、もしくはぶっこんだ後の方が自分の実体験から

本の本当の素晴らしいものがわかるようになるはずだ。

なるほど!こういったことかっ!と腹の底に、腑に落ちてくるはずだ。

だから本は、自分の人生も走りながら常に読むようにしよう!!

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –