星野誠 makoto hoshino

油のような存在に!

2017.10.26

キングコング西野さん、最近とっても気になっている方だ。

西野さんのブログを読んでいて、

エボラブルアジアのCIOを3日で辞めて否定の声をたくさんいただいたという記事を読んだ。

 

「調子にのってる!」

「引き受けた仕事を簡単に辞めるな」

「我慢しろ」 などなど様々な批判をうけたらしい。

 

このことについて、

「簡単に仕事を辞めてしまうこと=悪」というマインド

これはかなり人を追い込んでくきて危険だと、

常に自分も思っていたことなので、ぜひここで書きたい。

 

この時、西野さんはお仕事を辞めた。

でも、こんな状況になったとき、おそらく世の中の多くの人は辞められない。

一度やったことは、死んでも離すな!みたいな変な風潮があるから。

例えば、それを自分が掴んでいたいんなら、死んでも離さないでいい、

むしろ死んでも離さないほうがいい。

でも、価値基準を、世間の

「調子にのってる!」

「引き受けた仕事を簡単に辞めるな」

「我慢しろ」

などで考えて判断すると、必ず体調を崩す、精神も病む。

これは本当にもったいない。

「自分の主張をもって、嫌なものは嫌といって生きる」

これは結構難しい。

自分の立ち位置が確固たるものになっていないとまずできない。

世間からの意味のない圧力というのは思った以上に強い。

ブラックコーヒーにミルクをいれたときに、

すぐに白いミルクもブラックに変わってしまうように、一斉に真っ黒だ。

世間には、そんなものすごいパワーがある。

そんなパワーに勝つためには、油のようにならなきゃダメだ。

ブラックのコーヒーに入れられても、まったく溶けない頑固浮いているような油のように。

 

常日頃から自分の立ち位置を確固たるものにするには、努力がいる。

これは言うほど簡単じゃない。ただ、これは絶対努力したほうがいい。

 

コーヒーに入れられても、「異質で何がいけないの?」と跳ね除けられる

油のような存在になろう!

そのほうが、絶対人生は楽しいし、いつまでも間違いなく健康でいられる。

誰から叩かれても油のように頑固浮いてられる存在になろう!