星野誠 makoto hoshino

まだまだ憂鬱な ウルトラマン本番 DAY2トライアスロン @コナ

2023.11.25

今日はバイク270kmほど。バイクは本当に苦手。前回のウルトラマンカナダはこの2日目のバイクセッション制限時間ぎりぎり、残り5分でのゴールだった。今回は余裕をもってゴールすることを目標に。

今年9月日本でヒルクライムの大会に出た際の友人の皆さんにバイクの基本を聞くと、登りで12kmぐらいに落ちても、下りで取り返せるから、とにかく平均時速を気にして、足を止めず漕ぎ続けることとアドバイスをもらった。今回は、平均時速27kmを目指すことに。

レース中も常に平均時速を気にして、ひたすっらコツコツ。途中サポートカーがいない場所で後輪がパンク。ただ運の良いことにパンク後、1km以内でサポートカーに合流できた。ハワイはパンクが多いからと、念には念で、持ってきていたリムごとのスペアタイアが本当に役立った。スペアホイールのため、ロスなくタイヤ交換。

ただ、その後もコツコツいってたら、またパンク。さすがにここは焦ったけれど、ここも運が良いことにサポートかーが1km以内の地点にいてくれたのと、今度は前輪パンクだったので、またスペアタイアに変えるだけでGOでき、そこまでロスなく再出発。

エベレストにチャレンジしていた時も感じたのだけれど、ゴールする人は、どんな状況でも必ずゴールする。パンクしようが、天候が激変しようが必ずゴールする。パンクだからしょうがない、〜だからしょうがない、というのはまずあり得ない。

「事故でゴールできない、外的要因でゴールできないということもすべては自分が言い訳として自分の心が招いていること。もしパンクでゴールできなかったとしたら、自分の甘さが招いたもの」この言葉は、ゴビ砂漠240kmマラソンで、パリダカに出て完走された先輩から教えていただいた言葉。

なので、もしパンクなんかでゴールできなかったら、自分の心が招いたものだから、カッコ悪いと思ってたので、ゴールできた時は、本当にほっとした。とにかく、今日も完全にサポーターの方々様様。本当に本日も丸一日お付き合いいただき、ありがとうございました!!

ーーーー

ーーーー
About 270km on the bike today. I’m really not good on the bike. The last time I did Ultraman Canada, I finished just under the time limit 5 minutes before.

When I asked my friends about the basics of cycling, they told me to watch average speed and keep pedalling without stopping. This time I decided to aim for an average speed of 27km/h.

Throughout the race I kept an eye on my average speed and pedalled hard and steadily. During the race I got a puncture on my rear wheel in a place where there was no support car. Luckily I was able to join the support car within 1km of the puncture. we were able to change the tyres without any loss.

But then, after a few more bumps, I got another puncture. but luckily the support car was within 1km of me again, and this time it was a front puncture, so I could just change to a spare and go.

I felt the same way when I did Everest, people who finish always finish no matter what the conditions are. Whether they have a puncture or the weather changes drastically, they always finish. It’s impossible to say, “I can’t help it because of a puncture” or “I can’t help it because of …”.

If you can’t finish because of an accident or because of external factors, it’s because your mind is making excuses for you. If you can’t finish because of a puncture, it’s because of your own naivety.” These words were taught to me by a senior runner who completed the 240km Gobi Desert Marathon.

So I was really relieved when I crossed the finish line. I’d like to thank all the supporters again today. Thank you so much for coming out all day today!

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –