星野誠 makoto hoshino

家族一人一人と1時間も話せていない事実

2021.8.13

家族でいることは、結構あるけれど、家族一人一人とは1週間のうち1時間も話せてない事実に気づいてしまった。

子供たちが夏休みに入る前は、妻とは1週間に一回、都内の気になるところにランチに行っていた。なので、妻とは一対一で2時間ほどは話せていただのだけれど、今は子供達は夏休みだし、妻とも1時間も話せていない。

子供に関しては、うちは4人いるので、4人で公園に行くなどはあっても、一人一人との対話を1時間もまったく持てていなかった。

やはり思うのだけれど、大人だろうと子供だろうと、一対一の対話は本当に大切だと思うので、意識的にこういった時間を持てるようにしていかないといけない。

妻や子供達と一対一の対話ができてない今、、いったい自分は何に時間を使っているのだろう?

そう考えて自分の生活を見直してみると、なんとなく、家族といるだけ。そんな時間が大半だった。

その場に体としては一緒にはいるけれど、心の関係としては一緒にいない事実。

子育てというものにまったく参加できていない事実。

死ぬ間際になって、もっと色々のことを家族と共有したかったと後悔しないように、今一度しっかり考えないとだ。

カテゴリー

– Archives –

– other post –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –