星野誠 makoto hoshino

「レッドブル」世界に活力を与える

2021.7.14

先日、ヴァージンの打ち上げは成功。ブルーオリジンは7月20日の6:30 am CDT / 11:30 UTC(日本時間7/20日の22時)よりライブがあるようだ。スペースXは勿論宇宙ステーションまですでに人材を送り込んでるし、民間の宇宙関係が盛り上がっているのは、大変素晴らしい。

昨日は日本橋で開催された宇宙系カンファレンスに久しぶりに顔を出してきた。16年ほど前、自分は宇宙の仕事をしていたので、宇宙に入り浸りだったので、当時は国内外問わず、ほぼすべての宇宙系の行事に出ていた。

今回はとっても久しぶり。久しぶりに参加した宇宙系のカンファレンス、業界の印象としては、ほとんど変わっていなかった。16年、業界の動きはほぼ変わってなく、やはり宇宙はこれから世界で始動し始めるという感じだ。今までは技術、技術だったが、これから宇宙もマーケターなどが重要になってくるのかもしれない。

マーケターといえば、P&Gのマーケターの方が書かれた「本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50」という本を読んだ。

著者によると、急速に成長を遂げているビジネスは人間にとって大切な5つの基本的価値のいずれかに関わるブランド理念を持っている

1、喜びを感じさせるー 人々が幸せや驚き、無限の可能性を体験する後押しをする

2、結びつくことを助けるー 人々がほかの人たちや世界と有意義な形で結びつく能力を高める

3、探究心を刺激するー 人々が新しい世界や新しい経験に乗り出すのを助ける

4、誇りをかき立てるー 人々が自身や力、安心感、活力を高めることを可能にする

5、社会に影響を及ぼすー 現状を揺さぶり、新しいビジネスの枠組みを打ち出すなどして、社会全体に好ましい影響を与える

これは宇宙にもすべて当てはまりそうだ。

宇宙とは関係ないけれど、現在うちはメガネ屋をやっているので、本文で響いた箇所。

「たとえば男性向けの理髪店に行って、そこで働いている人たちに、「あなたの仕事はなんですか?」と尋ねるとします。おそらく、「髪を切ることです」と言う返事が戻ってくるでしょう。でも、その理髪店が顧客にしばし非日常的な時間を過ごさせ、現実を忘れられる場を提供し、心地よい経験を味わわせたうえで、新しい人間に生まれ変わったような気分で家に送り返すことを目指していれば、どうでしょう?提供するサービスそのものは、散髪に変わりないかもしれない。でも、その理髪店で働く人たちは、仕事を通じて人々の生活をいっそう価値あるものにしていることになります」

「愉快なブランド体験を提供するうえでは、人間味が欠かせない。商品を売り込もうとしない。目指すのは、あくまで理解してもらうこと。顧客にうちを知ってもらい。うちも顧客を知りたいと考える」

「幸せとは、自分自身と調和の取れた状態であうこと。そして、他の人たちや自然と、親密で良好で、充実した関係を気づけること」

つまり、宇宙でも地上でもやっぱりこういった理念というのは大切だということだ。

また世界的に有名なブランドのブランド理念の一覧がとってもシンプルでわかりやすく為になったので、本文よりご紹介

◆グーグル  あらゆる好奇心を瞬時に満たす

◆ルイヴィトン 人生という旅を上質で濃厚な経験にする

◆ディスカバリーチャンネルなど ディスカバリーコミュニケーションズ  世界と宇宙に対する人々の好奇心を満たす

◆ジャックダニエル 自分らしさ、独立心、そして誠実さを称え、そういう生き方に誇りをいだかせる

◆リンツ ささやかな贅沢品を通じて、人々に喜びを感じさせる

◆ディーゼル 人々の想像力を刺激し、ファッションにおける可能性を無限に広げる

◆マスターカード 商取引の正解をもっとシンプルに、もっと柔軟にする

◆メルセデスベンツ 人生における成功の象徴となる

◆モエシャンドン お祝いの場を作りだす

◆レッドブル 世界に活力を与える

◆サムスン 無限の可能性がある世界をつくり、その世界で人々の想像力を刺激し、生活を豊かにする

◆スターバックス 自己発見と想像を促すために、人と人とのつながりを生み出す

◆ZARA  流行のファッションを誰でも楽しめるようにする

◆ザッポス 「ワオ!」と歓声を上げたくなるサービスを通じて、一日墓に幸せを届ける

「本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50」 小売店をやっている自分にも改めて、とってもためになった。

今後の宇宙、そして、現在の仕事、すべて、今一度しっかりと、人間にとって大切な5つの基本的価値を高められるように、日々改めて仕事をしていこう!

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –