星野誠 makoto hoshino

「Equality Can’t Wait Challenge(平等を待っていられない)」

2021.5.10

ジェフ・ベソス氏に続き、ビル・ゲイツ氏も離婚とのこと。

ビル・ゲイツ氏と、メリンダ・ゲイツ氏は、夫婦の名前で2000年に設立された「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」も有名だし、個人的にはかなり以外だった。

財団は引き続き共同で運営していくが、夫婦関係を維持するのは難しくなったということのようだ。

このお二人「Equality Can’t Wait Challenge(平等を待っていられない)」という名のコンペティションを開催し、ジェンダーの平等を実現するためのアイデアコンテストを開催、2030年までに米国女性の地位と影響力を高めるための優れたアイデアに3000万ドル(約32億円)の賞金を授与するという。

メリンダ・ゲイツ氏、マッケンジー・ベゾス氏のあそこまで超大物の奥様もやはり、ジェンダーに関して感じることが多々あったのだろうか。むしろあそこまで大物の方々の奥様なので、根強く残る不平等など、色々と感じることが多かったのだろうか。

あそこまで大物の奥様でなくとも、夫だけ好きなことして、奥様がフラストレーションを抱えているという話はよく聞く。

実際まさに、うちなんかがそうだし「パパは好きなことしていいよね」などは何度言われていることか。

人生100年時代に突入するといわれている昨今、結婚というもののあり方、根強く残るフラストレーションに対する根本的な変化。自分も真剣に日常でも考えていかないといけないかもしれない。

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –