星野誠 makoto hoshino

時折考えさせられる父と子の関係。フランシス・ビーン・コバーンの父としてのカート・コバーン

2020.8.26

もう自分も40代で、ティーンでもなんでもないんだけど、時折NirvanaのSmells Like Teen Spiritを聞く。日本でも、海外でも、山登りの最中でも、苦戦している時でも、気分の良い時も。

Hello, hello, hello, how low?

Hello, hello, hello, how low?

Hello, hello, hello, how low?

決して、明るい歌詞ではないけれど、逆にこれを聞くとパワーが出る。

 

 

Nirvanaはこれ以外も時折聞くし、たまにこのカート・コバーンの人生を追ったこのブルーレイを見る。COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック [Blu-ray]

 

そんなカート・コバーンとコートニー・ラブの子、Frances Bean Cobain フランシス・ビーン・コバーン。

 

フランシス・ビーン・コバーンが生まれた時、両親は薬中。その後カート・コバーンが自殺、母のコートニー・ラブは薬漬け。才能豊かでちょービックな両親の下でも、幸せとはなかなか複雑だと思わせるフランシス・ビーン・コバーン。

フランシス・ビーン・コバーンは、言っている。「父は、家族を見捨てた男。もし自殺なんかしていなかったら、まだ私にはお父さんがいたのに。父との時間がもっとあったら、きっと素敵な経験になったと思う。」

現在、4人子供がいる自分としては、時折この出来事を思い出し、本当に考えさせられる。父と子の関係。

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –