星野誠 makoto hoshino

人を信頼するって、人間的な器がないとできない。

2020.6.10

うちは、店舗営業なので、タイムカードがある。

もともとはまったくなかったのだけれど、どちらかというとスタッフのために、こんだけ働いて、こんだけ休みましたというもののためにタイムカードを入れた。

でもそもそも、タイムカードで時間を管理するのって、うーんどうなのか?今の時代にあっているのか?

そういえば、なんかこれって、よくある人生の根本のトピックとも似ていて、例えば愛してもらうんじゃなくて、まず自分から愛することとか、そのあたりに似てる気がする。

縛れば縛るほと人は反抗し逃げて行く。

相手にどうしてほしい!どうしてほしい!が先にたつと、家庭でも仕事でも、すべてがギクシャクしてくる。かといって、これって結構難しく、本当に人を信頼するってのは、かなりの器がないとできない。

信頼するほうに人間的な器が必要になってくる。信頼されるほうじゃなくて。

だから、たとえば、子供達と親である自分がいた時、何か物事が起こったら、絶対に間違っているのは自分なのだ。そして、改善する必要があるのは自分なのだ。どんな状況であれ。

だから、自分を常に磨いて、本当の人間の器を広げ、心から人を信頼できる体質にしとかなくてはいけない。

 

カテゴリー

– Archives –

– other post –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –