星野誠 makoto hoshino

何がごめん? お金、お金、誰のせいだ!バーカ!知らねーよバーカ!

2019.10.27

29歳の時、うちの奥様と出会い、初めて行ったデートが、シンワアートのオークション。

その当時、僕は3社目ぐらいの会社を立ち上げていて、車のオークションに行って車をマルタ島など海外に輸出するもことごとく失敗。他の事業もどれもこれも失敗。

なんかないかなと思ってちょうどあったのが、美術品のオークション。

その美術品のオークションの案内がちょうど来ていたので、うちの妻との初デートにちょうど良い!!!と閃き品川へ。

数千万や1億などで絵が落札されるのをひたすら見てました。

もちろん、そんなお金も、何が今後跳ね上がるのかそんな知識もまったくなかったから、ただただ見てるだけでしたけれど(笑)いつかはうちにもゴッホの絵を!と。

 

 

さて、まだうちにはゴッホの絵はないのですが、

先日、妻と大ゲンカ。というより、一方的に怒られました。

うちは、結婚後、子供ができた後、家族の新ルール

「自分が使った同額を必ず支払う」というものが誕生。

 

 

例えば、トライアスロンでメキシコ行ったとしたら、

航空券、ホテル代、参加費、もろもろと、あと海外に行ってる日数分×2万。

仕事で海外に買い付けなどに行く時も、自分の場合、買い付けなのか旅行なのか曖昧なので、海外に行ってる日数分×2万。

エベレストなど山登りの時も同じで、エベレスト1000万かかったら、奥さんにも1000万。

さらには、例えば、80万の勉強会に行ったとしても、80万。そんな感じ。

 

これは奥様が、家で4人の子育てをしてくれている中、自分だけ自由に世界を広げていっている料金。

自分だけまったり非日常できる料金。

自分だけ、一息立ち止まって人生を考えられる料金。

世界で色々な痛い目に会いに行けるいける料金。

一人だけ、成長できる料金です。

 

でも、そのありがたみを、ちょっとですね。忘れてしまいまして。

 

色々と今月の家族の清算をしていた際に、「あと来月のタイ30万!」と言われた時に「は!!30万もかかんねえよ!!」ってついつい声を荒たげていっちゃったんですよ。

で、しかられたわけです。

 

「何でもかんでもお金で解決できると思うなよーだ。何がごめん?お金で解決してきてあげたけど、お金、お金、お金、お金、誰のせーだ バーカ 知らねーよ バーカ」

って。

自分はカジュアルに奥様に頻繁に叱られるわけですが、今回は結構やばいな!って思ったので、反省している最中です。

みなさまも、どれだけの方に支えられて生かしていただいているのか、ぜひ見失うことなく、いつまでも、すばらしい人生をお送りくださいませ!

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –