星野誠 makoto hoshino

映画『ジョーカー』と香港覆面禁止

2019.10.11

映画『ジョーカー』を1週間遅れで見てきた。

映画『ダークナイト・ライジング』の際にコロラド州で起こった事件から

映画館によってはマスク禁止のところもチラチラとあるよう。

 

現実世界でも、香港政府が緊急事態を宣言し、「デモ行進などの際に顔を隠すマスクをしてはいけない」という法律が通ったよう。

この法律で、デモに参加した人々を画像認識で特定、さらにはマスクをしてデモに参加した人を逮捕することも可能にとのこと。

香港でも、ジョーカーのようなピエロの化粧で画像認識をかい潜る人が現れるか?

映画『ジョーカー』はより現実的な映画だった。

現実社会とフィクションの乖離がなくなっていくのか。

フィクションが現実になるのか?

現実がフィクションによっていっているのか?

間違いなく時代は動いているようだ。

 

 

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –