星野誠 makoto hoshino

洗濯機が壊れただけで超大変っ

2019.10.7

うちは6人家族なので、洗濯は超重要。

毎日毎日怒涛の洗濯物が出ます。

で、うちでは洗濯は自分の仕事でして、

仕事終わりの深夜などに毎日必ず自分がするのですが、

ここ1週間は、家の洗濯機が壊れて、超大変!!

洗濯機の便利さ身にしみてます。

洗濯機ないと、洗濯がめっちゃ時間かかる。

自分もバックパックしておりましたし、

山にも2ヶ月ぐらいこもってましたので、

そんな時は最小限の荷物で、パンツもシャツもすべて手洗い。

でも、日常生活の家族6人分となるとわけが違う。

洗濯に半日かかるんじゃないかというぐらい時間がかかる。

いや、どんなに短く見積もっても1時間はかかる。

当然と思っていたことが、改めて考えると、すごいことです!

冷蔵庫、洗濯機、テレビ、インターネット、スマホ。

今や普通や、当然になっているけど、画期的なもの。

これからの何年、何十年で、

またまったく新たなものが生まれてくるでしょう!

「人類を火星に送り込む大義名分を考える」

これは、ジェフ・ベソスさん、イーロン・マスクさんが

本気で子供のころから考えていたことらしいです。

なので、自分も最近90秒でめっちゃ真剣に考えてます。

「人類を火星に送り込む大義名分を考える」

人類が火星にいくことによる利点、

もう空想のテクノロジーとかをSF的に、

そして突飛な理由を!

で、90秒真剣に考えたら、一瞬で現実に戻る。

1日をさらと切り抜け、ストレス最小限に抑えて暮らす生活?

今の自分のマンネリは?

自分が限界だと決めつけてる世界は?

みんなが恐れて行きたがらないところは?

方法論は、きっとある程度わかってる。

いちいち方法論で悩まない。

で、改めて「普通」を飛び越えて考える。

頭でわかったとしても、実行できる人は、きっとわずか。

さあ、あっち側へ。

あっち側へ!!!

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –