星野誠 makoto hoshino

『もうインドに行かない』

2019.9.1

『もうインドに行かない』

僕が初めてバックパックを始めたのが、18歳の時。18歳、人生初のバックパックがインド。

 

空港についた真夜中、黒い体の客引きたちの白い目だけが

こちらを追ってきて、その後最初の1ヶ月、散々だまされた。

 

朝、騒音で「はッ!」と目をさますと、別世界で「あ、ここインドか」と気づく。

 

親切で呼ばれ、現地の田舎の家族の団欒にいれてもらい顔が腫れ、

(掘っ建て小屋のようなところで、「おもてなし」として、

隣に生えている草(たぶん今考えても、草)を出され、

家の方もありがたそうに食べていたので、

自分も必死に完食したら、その晩、顔がパンパンにはれた。

家の人たちも目の周りに腫れがあったのだけど、まったく一緒。

この意味のわからない腫れは10年に一度ぐらいまだ突如出る)

 

発進した電車が逆方向、間違っているというので、電車から飛び降りたらズボンが破れ、

飛び込みでお寺にお世話になったら、夜人生で初めて全身金縛り、悪夢にうなされ、

じつはつい先日同じ部屋で人が亡くなったと聞いた。

 

おじちゃんたちは昼から仕事もせず、サイコロ遊び、親に手足を切られてしまった手足のない物乞い。

 

インドから帰るときは『もうインドには行かない』と思ったけれど、帰ってきたら、またすぐ行きたくなった。

 

『もう 〜 には絶対行かない』

そんな経験こそが、今の僕の人生の土台になっている。

『もう〜には行かない』そんな場所を何歳になっても探し続けよう!!

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –