星野誠 makoto hoshino

自己肯定感と「俺はまだ本気だしてないだけ」は紙一重?

2019.7.23

中学の時、ナポレオンヒルの「思考は現実化する」という本が大好きで、

自己肯定感という用語を知ったんです。

自己肯定感、つまり自分を信じる力。

成功本とか読んだことある方ならわかると思うんですけど、

どの本でも、自己肯定感ってめっちゃ重要って書いてあるんです。

なので、僕はですね。

学生時代の悶絶の期間を経て、長年の訓練の結果、

今はおそらく普通の人より自己肯定感がめっちゃ高いんです。

人生設計とか人生計画は一切たてない分、

僕の場合、自己肯定感で、騙し騙し、押し通してきたような人生です。

なので、根拠のない自信っていうのが、めちゃめちゃあるんです。

 

さらに、自分の中の棚卸しに関しても、定期的に自分で、

エベレスト行ってみたり、海外で会社作ってみたり、

自分の想定内から、想定外へわざと意識的にバランス崩してたので、

結構自信あったんですよ。

自分の言いたいことや、心の動きに関して。

 

リンカーンの名言に

『もし8時間、木を切る時間を与えられたら、

 そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。』

を昔読み、それからは、僕も、自分では、日々、

いざという時のため、人生の9割を刀を研ぐ時間につかっていると思ってたんです。

だから、自分では、肝心な時に刀さえ降れば、

1発で、大木も切り倒せるだろうと思ってたんです。

 

ただ、今日気付いてしまいました。

今日、本の新たな企画をさくっと仕上げようと思ったんですが、

ぜんぜんかけない。まったくかけない。

根拠のない自信が売りだったんですけど、

自分の根拠のなさすぎる自信に改めてビックリ!

根拠のない自信って素晴らしい!!それは、絶対間違いないんですけど、

でも、一歩間違えると、「俺はまだ本気だしてないだけ」みたいになってしまう。

でもその紙一重のところを、ギリギリ信じ続けていけるか、

そこが人生なのかもなと、改めて一人妙に納得した1日でした。

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –