星野誠 makoto hoshino

YouTuberってどこからですか? 親愛なYouTuber様「世界で一番高いところに行ったYouTuber」

2019.6.21

今朝、こんなメールが来た。

:::::::::::::::

親愛なYouTuber様、
いつもお世話になっております^^
弊社は下記のQiワイヤレス充電器のレビューを募集しています、こちらから無料で提供しています^^
製品のごレビューを書き、宣伝していただいてほしいです^^
もしAmazonでレビューを書くことに興味があれば、ご返事をお待ちしております:)
製品は以下です^^

::::::::::::::::

 

小学生の将来なりたい職業ランキングにYouTuberが入ってきて、久しい今日この頃。

「YouTuberってどこからですか?」って質問にウェブで誰かが

「職業としてなら収益を得た時点で、肩書きなら動画を投稿した時点で立派なユーチューバ」

と言っていた。

となると、自分は職業としてもYouTuberを名乗ってもいいわけだ。

正直なところ、自分はYouTuberではない。登録者数も2000そこそこ。

内容もほとんど見られていなく、

自分が南極で裸になってかき氷の食べ、新たな人材をリクルーティングしている動画は、

有名YouTuberさんがお菓子を平和に家で食べている動画に簡単に負けている。

勿論いままで一切誰からも声をかけられたことがない。

 

 

今一般的にYouTubeでもらえるお金は、ざっと言うと、月300万再生で30万ほど。

つまり、月3000万再生で300万ほどの収入。

一方、うちの一番多い動画の再生回数は27万回数、全部合計しても90万再生ぐらいなので、

実際のところ、YouTubeから、つまりグーグルからもらってるお金は

全期間、全部足しても9万円程度しかない。

 

一方で、YouTubeにではないが、

うちの会社がGoogle adwordsなどで、親のGoogleに落としているお金は、毎月うん十万。

つまり、Googleからもらった9万は一瞬のうちに、Googleに吸い上げられている。

お父さんからもらったお小遣いを、お父さんのお店で使う、

で結局お父さんが儲かる、そんな感じだ。

そんな自分の立場で果たして「職業Youtuberだぜ〜、よう!よう〜!!」

なんて浮かれてていいものか?

 

でも、最近誰かが「世界で一番高いところに行ったYouTuber」と

コメントをつけてくれたし、小学生受けいいっていうし、

今日から小学生の前だけでは、たまに名乗ってしまおう!

「世界で一番高いところに行ったYouTuberだぜ〜、よう!よう!」

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –