星野誠 makoto hoshino

地球という胎内の中で、人類が何千年もかけて進化してきた過程

2019.5.12

昨日お知り合いになった産婦人科の先生より、

お母さんのお腹の中の胎内の成分と海の成分は、ほぼ一緒ということを教えていただいた。

それを考えると、地球という胎内の中で、人類が何千年もかけて進化してきた過程を

お母さんの胎内ですべて再現し生まれてくるような過程、

精子と卵子、ミトコンドリアのような小さな生命が、

人間の体になるこの過程を思うと、より地球が愛おしく、

また娘、息子たちがさらに愛おしく感じた。

 

さて、昨日より今度は山籠りではなく、東京のど真ん中に完全にこもっている。

6ヶ月間、月2日、自分にとってのクリエイティブキャンプ。

内へ内へ深掘りして、自分の腹の底からの欲求をみつめる集中した時間。

そんな時間は心地よい。