星野誠 makoto hoshino

10年ぶりの山籠り。行くぞ!火星 !    絶対行くぞ!火星 !  !

2019.5.4

令和になって2日目から3日、4日と群馬の赤城山で山籠り。

自分は、おおきくいうと10年に一度、細かくいうと5年に一度、

いつも方向性があやふやになる。

漠然とエベレスト登ると思っていた時

10年とちょっと前、29歳のとき方向性に迷い一週間の山籠りをした。

今ふたたび10年たって、40歳でその時と同じ状況。

今は悶々とそして漠然と火星を日々思っている。

10年前の山籠りの後は今の奥さんと出会ったり、

新しい会社を始めたりと色々なことの歯車が進んだのだけれど、今回もきっと同じ。

 

そして今回の山籠りを紹介してくれた友は、

10年前、29歳のときに一週間山籠りをした友の一人。

実際には、10年間で実際には2回ほどしかあっていなかったのだけれど、

まったく色褪せない友達。

遠くにいてもまったく印象が色褪せない素敵な友達の一人。

仲の良さや思いの強さは付き合ってきた年数じゃない。

10年以上付き合っている人でも、

トータルで1ヶ月ぐらいしか会っていない人でも、年月じゃない。

自分は、エベレストやすべての山でお世話になった師匠、

倉岡さんを今でも心底尊敬してるけど、

倉岡さんとは付き合った日数でいえば、3年ほど。

でも本当に心底尊敬してる。

またエベレストや、チョーオユーの8000m級で会ったシェルパさん。

トータルの日数でいえば、1ヶ月ぐらいしか行動ともにしてないにしても、

まったく色褪せない友。重みが違う。

「友達」「友達」とかいうけど、ベタベタするだけが友達じゃない。

LINEにずっと返答がなかろうが、友達は友達だ。

 

今回の山籠りも、そんな友人の一人からの紹介だったので、

何も聞かず、自分の魂の声にしたがって群馬赤城山の麓で山籠り。

10年ぶりの山籠り。

2泊3日、人間の根本の話題についてのシンプルで、

静かで、それでいて熱く濃度の濃い数日間。

それはそれは、まさに今の自分が乾ききっていた部分に

ドンピシャな潤いを与えてくれて、

固まっていた思考に活動のパワーを与えてくれた。

山に来てから、わずか数時間で「あっ!!」という閃きがあったのだけれど、

その後も3日間、すべてまるまるすべてがよかった。

また場所もいい。

赤城山の空気感なのか、なんなのか、まったくわからないけれど、

本当に妙に落ち着く。ものすごく懐かしい、童謡のような世界でいてパワーみなぎる空間。

やっぱり自分は節目では山や緑と縁があるのかな。

新たな時代「令和」の幕開けにふさわしい山籠り。

ほんとうに最高な「令和」の始めの山籠り。

今後の10年にいかせる、そして今後の人生すべてにいかせる山籠り。

本当に素晴らしい友と野村師匠と皆様、すべてに感謝。

新時代の幕開けにこんな機会をもつことができ本当に幸せでした。

行くぞ!火星 !

絶対行くぞ!火星 !  !

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –