星野誠 makoto hoshino

今日のことを明日に伸ばさない、でもダメなら休む。しかしやめないで繰り返す。

2019.4.26

ゲーテは今や古典としての地位を確率しているけれど、

同時代には、作品をけなされたり色々とケチをつけられたりしていたらしい。

また当時は作品の発行部数も平均は4000部、

ただそんなときも、

「100万の読書を期待しないような人間は一行も書くべきでなない」

といってたという。

そしてゲーテの代表作「ファウスト」は書き出しは20代だったが、

なんども中断し、結局書き上げたのは80代、なんと60年たってからだという。

 

「おまえを抑えつけるすべての力に立ち向かえ」

「苦しみも、過ぎてしまえば、甘い」

様々な名言を残しているゲーテ。

才能は勿論あるのだろうけれど、やはり考え方から人と違う。

「今日できないなら、明日もだめだ。1日だって無駄にしてはいけない。

そうはいっても精神力だけではダメなときもある。

そんなときは好機の到来をまたなくてはいけない」

今日のことを明日に伸ばさず、だめなら休む、しかしやめないで繰り返す。

言うは易く行うは難し。

賢人ゲーテの言葉を胸に、すべてのパワーの源である自分の考えを錆びさせないこと、

そして行動力と持続力。これを生涯、磨き続けていかないといけない。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –