星野誠 makoto hoshino

私はそれを昔から持っていたとしか思えなかった。

2019.4.25

ゲーテは、32歳に貴族の称号を得たらしいが、そのときのゲーテの言葉

「まわりはわたしが喜んでいるだろうと思っただろう。ただ本当のところまったく何ともなかった。貴族の辞令を手にしたとき、私はそれを昔から持っていたとしか思えなかった」

 

希望する自分の未来を、あたかも持っている自分が持っているかのように生きる。

むしろそれを自分が持っていて当然だと思って生きる。

すると、現実が引き寄せられて結局その通りになるというのは、

アファメーションなどでいわれている。

自分もそれのみをできるだけできるように訓練しているけれど、まだできない。

ただ賢人ゲーテは30代から訓練せずも当然のようにこの考えだったとは!さすがだ!

 

ゲーテはこうも言っている

「望んでかなうことなら努力に値しない」

作家であり、学者であり、政治家など様々な枠を超えたゲーテ。

望んでかなわないような自分の枠を超えたものを、

あたかもそれをすでに自分がもっているように生きる。

すがすがしいほどの無条件の自己肯定感。

「望んでかなうことなら努力に値しない」

「私はそれを昔から持っていたとしか思えなかった」

この2つを胸に、もっともっと訓練しよう!人生の訓練を続けよう!

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –