星野誠 makoto hoshino

「人間の中毒性を利用して継続的に利益をあげる」ビジネス

2019.2.17

『いつかできることはすべて、今日でもできる』

というモンテーニュの有名な言葉がある。

 

だけれど、これって本当むずかしい。

本当にシンプルで、まさにそのとおりなんだけれど、

家庭もったり、会社とかで仕事してたりしれいると、これが本当に難しい。

 

家庭をもった人が、これ素直に実行すると、社会的に「くそ親」にもなる。

よく映画などで、ある日、突然、親が「私の夢を追う!」といって

家を出て行ってしまって、無責任な親に残され、

子供だけで必死に生活をしているストーリーなどがあるけれど、そういった状況だ。

いつかできることはすべて、今日でもできるのは間違いないけれど、

これって本当難しい。

 

さて、今、仕事のことを考えていたのだけれど、

人間の中毒性を利用して継続的に利益をあげるビジネス。

または、継続をやめてしまうと不安になるもので利益をあげるビジネス。

これがやっぱり一番、硬いのかなと思った。

 

ある人にとっては、スマホのゲームのガチャ。

ある人にとっては、SNS。

ある人にとっては、たばこ。

ある人にとっては、コーヒー。

ある人にとっては、育毛剤。

ある人にとっては、筋トレ。

お店などでいったら、Googleのアドワーズ広告もそうだ。

広告をやめちゃうと、売り上げが下がってしまうかもと、広告がやめられなくなる。

 

自分の仕事の周りでも、何か健全な中毒性があるものないかな?

見逃している何か。

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –